床のフローリング 無垢材を使ってみたい

床の仕上材料は

  • フローリング
  • カーペット
  • クッションフロア
  • タイル
が一般的なところですが、住宅・マンション問わず人気なのがフローリングです。

マンションは下階への音の伝達を防ぐ、防音効果のあるフローリング材の登場により、マンションリフォームには、かかせない材料となっています。
フローリングで一番多く用いられるのは、合板に薄い無垢板の表面材が貼られた建材です。
しかし、昨年から合板材料の不足によって合板価格が高騰し、フローリングの仕入価格は倍になっています。

一部でブームになっている「無垢材のフローリング」との価格差が縮まり、「無垢材のフローリング」の需要が伸びるのではないかと思われます。

リフォーム ホームプロ

無垢材のフローリングの材質としては

  • パイン
  • カバ
  • 赤松
  • ケンパス
などたくさんの種類があります。⇒ 無垢材フローリングの新情報
無垢材のフローリングは、自然の味わいが大きなポイントですが、万が一傷が付いても、合板フローリングと異なり、表面が剥がれて下地が見えるということがありません。
傷が付いても、奥まで同じ材質のフローリングですから、サンドペーパーでこすったりして、塗装をすると、傷が目立たなくなります。

フローリングへの張替

フローリングのリフォームをする方法について解説します。

  • 既存のフロアに重ね貼りする方法
    既存がフローリングの場合には、重ね貼りをお奨めします。
    多少床の弾力性が減りますが、既存のフローリングの上に貼ることによって、剛性が高まります。
    気を付けるポイントとしては、ドアの下に枠が付いている場合には、高さ関係が変わりますので、下枠よりフローリングが高くならないように気をつけて下さい。
    同じ床面に、他の仕上材(例えばクッションフロアー)がある場合には、段差が出来ますので、同じ床の高さになるように、下地の高さを調整します。
    巾木(壁の一番下の部分にある横木)を外してから、フローリングを貼る方がキチンと納まります。
  • 既存の仕上げを剥がして貼る方法
    既存の床が、敷き詰めのカーペットや、クッションフロアの場合には、剥がして貼ることになります。
    この場合は巾木を取り付ける高さが変わりますので、必ず交換をします。
    和室の畳を撤去して洋室に変える場合には、要注意です。
    ほとんどの場合、隣接する居間やホールとの床の高さが違います。下地から工事をしなければなりません。
    又、床下地には「根太」という部材が入っていますが、畳の場合には、根太の間隔は45センチに入っています。
    洋室床の根太は30センチ間隔にしないといけませんので、根太を追加したり、交換したりが必要となります。
    和室を洋室に変えるのは意外と費用がかかります。

[PR]

このページの先頭へ