新築住宅を建てたり購入する時に知っておきたい常識

マイホームをお考えの方へ
新築住宅には大きく分けると次の二つの種類があります。

  • 建売住宅を購入する
  • 注文住宅を建てる

当たりまえのことのように思われるかもしれませんが、新築住宅には基本的に二つしかありません。出来上がった家または出来上がる予定の家を見てもらって買っていただく建売住宅、又の名を分譲住宅と云います。

一方、レディメイドの家ではなく、好みや要望を取り入れた注文通りに建ててもらうのが注文住宅と云います。
建築条件付きの土地分譲でも、住宅そのものは注文住宅です。

分譲住宅は、分譲事業主に大きい小さいはありますが、基本的には出来上がった住宅を見て良し悪しの判断をするしかありません。しかし、注文住宅の場合は、建ててもらう施工会社や設計をする設計者によって、出来上がる住宅の質はすごく変わるものです。

注文住宅では、設計や施工を行う相手によって次のようなケースがあります。

  • ハウスメーカーに頼む
  • ハウスビルダー・工務店に頼む
  • 設計事務所に頼む

それぞれのケースで一長一短はありますが、考え方や押さえておきたいポイントなど賢い選択方法をお伝えします。

失敗しない家づくり

建売住宅を購入する

注文住宅を建てる

家を建てる時の諸経費


[PR]

このページの先頭へ