住宅を新築して10年過ぎたり、中古住宅を購入したりした場合、リフォーム工事をしようとか、しなければということがおきてきます。
あらかじめ予定をしていることであれば、問題ないのですが、突然工事をしなければならなくなったらどうしますか?

住宅は人間の身体と同じで、年数がたてばだんだんとあちこち傷んでくるものです。
ところが、人間の身体は個人差がすごく強く、90~100歳まで長生きする人もいれば、早死にする人もいます。
お酒やタバコをずっと続けていても、何でも無い人もいれば、それが原因で肝臓を悪くしたり肺がんになる人もいます。

住宅や建物は、年数の経過によってここが悪くなる、あそこの調子が悪くなるということはあらかじめ分かりますし、建物によって違いがあるということはありません。

リフォーム長期計画

分譲マンションには長期修繕計画という、10~30年間の修繕計画を策定することが義務付けされています。

一戸建住宅にはありません。しかし建築物ですから本来は必要です。
30年間にわたる修繕計画・リフォーム計画をあらかじめ立てておけば、イザという時に慌てなくてもすみます。
また、リフォーム長期計画は無駄なリフォーム費用を節約することにもつながります。

例えば、Aの部分の工事を行うためには、Bの部分を解体する必要が出てきます。
ところが、Bの部分は昨年リフォーム工事を行っていた・・・・・なんて事がよくあります。

あらかじめ予定を立てておけば
Aの工事を行う時にいっしょにBの工事を行おう!
と考える事が出来ます。

無駄なリフォームを積み重ねていくと、20年もたつとすごい金額になっていることがあります。

是非、後々のために長期修繕計画・長期リフォーム計画を立てましょう!!

リフォーム ホームプロ

リフォームの目的を明確に

リフォーム工事には当然目的があります。
ところが、工事をすすめていくとついでにここもやろう! あそこもやろう!ということが良くあります。
工事業者は喜びますよ、売上が増えますから。
ですが、本当に必要なリフォーム工事だったのでしょうか?

リフォームの目的がだんだんと分からなくなって、工事が終わったら、工事費が2倍になっていた。

これで、いいんでしょうか?
長期の計画にもとづいて、今回のリフォーム工事の目的は・・・・・これ!!
と明確にしましょう。


[PR]

このページの先頭へ